スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


読書について
最近は、たまにTwitterを思い出した時にやるぐらいなのですが、せっかくココもあるのでたまには更新でも。



読めと勧められたり、いただいたりする本がたまってます。でもブログ同様ビジネス書の類も気持ちがのらないとなかなか進められない質なので、積読本が会社のデスク脇に山積みです。



ベストセラーの「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」も、取引先の方から強烈に薦められまして一応買ったのが2か月前。まだ最初の数ページしか読んでません。そのうちどうせAKB48主演で映画化されるんだろうけど。この本はどうも電博臭というか、業界臭がするんだよなぁ・・・。



「書籍をいただく」というのは非常に微妙なことですね。人から頂いた本というのは読んで感想を言わないといけないのではないか?という思いにかられるので軽いストレスになるのです。でも読む気が起こるまではどうにも手をつける気にならない。困ったもんです。で、結局読まなかったり、読んでも随分時間が経った頃なので今更感想もなぁと、いう有様なのです。書籍をくれた相手さんの軽い期待を裏切り続けています。



先ほども、某サ○トリーの支店長さんと酒席でご一緒したときに、新聞の片隅で本当にチラッと見かけただけの「なぜザ・プレミアムモルツはこんなに売れるのか?」という本を思い出し何の気なしに振ってみたところ、「すぐに送りますよ!」と。で、わざわざ自宅まで届けて頂きました。こりゃ読まないわけにはいかないなぁ・・・と、今日は雨も降っていてドコにも行けそうにないし、ちょうど読書モードにもなっていたので、最初の数ページを読んでみたところなかなか面白そう。読み進めたいのですが、子どもの「遊ぼう遊ぼう攻撃」で、とても落ち着いて読めそうにありません。



などといいながらも、自分も会社で、社員さんにたまに書籍を配布したりしてるわけですけど。もらったほうはトンでもなく迷惑なんだろうなぁ(笑)と最近は自重しとりますが。

箸を正しく使えない成人、本当はどう感じますか?
箸を正しく使えない成人、本当はどう感じますか? 




僕も、箸の持ち方は正しくないんですよ。ついでにいうと、鉛筆の持ち方もヘン。


箸については「食べられればそれでいい」とは思ってないものの、正直なところコンプレックスを感じたり矯正しようと努力したりしたことは実は皆無で。ちなみに鉛筆は時に治したいと思うものの、なかなか。


なので、このトピックについて最初に読んだ時は、またいつもの発言小町のデンパぐらいにしか思ってなかったのですが、ついてきてるレスを見て少し意外でした。おかしな箸の持ち方に嫌悪感を持つ人も結構いるんですね。ちょっとビックリです。と同時に、意外とみられてるのかもなぁ・・・とチト不安に。


最近、あまり親しくもないある人(女性)に「箸の持ち方が変わってる」と云われたんですけど、あれはそういう軽蔑の意味があったのかなぁなんて。その場にはうちの母親もいたりしたんだけど(笑)


「箸の持ち方ぐらいで・・・」なのか?「親の躾の基本なので全てに通じる」なのか?後者でいくと、うちの親は躾がなってない、僕は育ちが悪い、卑しい育ち、ということになるんだろうなぁ(笑)なんか両親に申し訳ない気持ちになりましたよ。


んんん。でも、やっぱりそうとも思えないんだよなぁ・・・自分のことはおいておいても、箸の持ち方が悪いことだけで卑しいと判断しちゃうその価値基準と、自分の妙な自信のほうが気持ち悪いように思うんだけど違うか?見た目が大事なのはわかる、よくわかる。でもそこがダメなだけで全部をダメと判断しちゃうのって極端すぎないか?その極端さに、自分で違和感感じないかなぁ・・・?


個人的には、箸の持ち方といったような見た目よりも、もっと他の部分に育ちを見出すことの方が多いけどなぁ・・・。公共の場でやたらと大声でダベるとか、電車の床に座るとか、タバコの投げ捨てだとか、ゴミのポイ捨てだとか、食べてる真横でタバコを吸うとか鼻をかむとか(笑)


というわけで、本日、タイムリーなことに?和食店で夜のお付き合いです。
箸の持ち方、頑張ってみます(笑)